なぜだか生きてゆく私

何もないOLがコツコツ更新する雑記

ようやく買えたよ!日ポン語ラップの美ー子ちゃん

今、「日本でもっともまともな音楽」を語る美少女!

 Twitterのタイムラインでよく見かけていて、気になっていた「日ポン語ラップの美ー子ちゃん」!
日ペンのボールペン字講座「美子ちゃん」のパロディで…
見た目は正統派70年代少女漫画タッチの美少女なのに、日本語ラップをこよなく愛し過激なヘッズの魂を持っている美ー子ちゃん。単行本買って初めて知ったんですが読み方は「×みーこちゃん」でなく「○びーこちゃん」だそうです!

『ラップが今日本でもっともまともな音楽よ』、という表紙のセリフ。
これって間接的な、日本の音楽シーン全体に対するDISなの…?と取られてもおかしくないだろうに、あえて表紙にバーン!ともってくる大胆な姿勢。まさにヒップホップ的でかっこいい!

スポンサーリンク

 



 美ー子ちゃんの熱さがブラック労働に疲れたOLの心に染みる!

日本語ラップシーン全体に対する愛と造詣の深さがぎゅっと凝縮されていて読み応えが半端じゃありません。こういうの読みたかった!
 この単行本でいわれているところの、「日々の暮らしに疲れたOL」である私の心に染みたパンチラインは下記のとおりです。

何も持ってなかったからこそ生まれる表現ってもんがあんのよ~!それがHIPHOPなら可能なのよ~!」(22ページ)

 はあああ。アツい!><(語彙力が死んでいます)

個人的にはSALUの悪役キャラ&顔芸に対する言及に全面的に同意!それな!て感じ!(86ページ)似顔絵もかっこいい!

彼はふつうにしてたら端正なお顔で、インスタでもいつもいつも超オシャレなのに、顔面での表現に貪欲ですよね。そこまでするの?みたいなw MVでも他の映像作品でもいいので、もっと悪役か、あるいは敵か味方か分からない謎めいた役とか、ぜひ見てみたい。本人映画好きみたいだし、これから30代になればもっと味のある顔になっていくでしょうし…いつか実現しますように!

 

さらに愛だけでなく、「これだけは言っておくけど、ラップのリスナーは基本的にめんどくさいわよ!」(39ページ欄外コメント)…と、このジャンルのリスナー最大の弱点にも言及する姿勢にも好感が持てました。
正直目をそむけたいけど、否定しようのない事実だと思うのでw

アマゾンも楽天も入荷待ち。どこに行けば買えるのか?

 とにかく面白かったのでぜひおすすめしたいのですが…

現在(2017年10月22日)美ー子ちゃんは品薄で、アマゾンも楽天も入荷待ちです。私は先週在庫があったオムニ7から買ったんですが現在は売り切れに。
上記リンクから飛ぶと、アマゾンでは定価の740円にプレミア価格を上乗せした1000円前後が相場になっているようです。早く重版して定価で買えるようになってほしいのですが…。

ネット書店hontoだとまだ在庫があるみたいなので、下にリンクを貼っておきますね!
大型書店の店舗にある在庫もチェックできますよ!

honto.jp

 

スポンサーリンク

 

 美ー子ちゃん大好き。

いまだに書評記事がうまくかけないのですが、美ー子ちゃんのこと大好きな気持ちに任せてだーっと書いてみました。
今日は台風だというのにこれから出勤ですが、次の休みには映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」とYOUNG HASTLEのCDをチェックする予定です!疲れたOLに力を与えてくれる美ー子ちゃんとヒップホップは偉大です。それでは読んでいただいてありがとうございました。miyako