なぜだか生きてゆく私

何もないOLがコツコツ更新する雑記

刺さった、抜けない!「ユーリ!!!on ICE」にハマる

前回の記事で2月~3月の憂鬱な気持ち、毎日停滞してる感覚について書きました。自己啓発しようともがいている話を。

しかし、正直な話、その後もグジュグジュしてました。
休日起き上がれなくて寝たきりの日もありました。

そんな日何気なく、Youtuberのミメイさんが紹介していた「ユーリ!!!on ICE」グッズ紹介の動画をクリックしてしまい…そこからアニメ本編の動画に進んでしまい…まんまとハマって一気見。

 

 

子どもの頃慣れ親しんだバレエ漫画に感じた面白さが、現代のフィギュアスケート界の中で繰り広げられている感じ!(芸術性×競技性×人間ドラマ!)
登場人物もみんな個性があって魅力的。
根性が曲がっている人はひとりも出てこないw安心w
努力・友情・勝利という正統派の物語!
今この時代に「正統派」なストーリー展開すぎて逆に新鮮。
正直BL的描写なんかより、登場人物がみんなまっすぐすぎる点に驚きました。

ツイッター上で盛り上がっているのを横目で見ていただけだったけど…なんでもっと早くチェックしなかったんだろう?後悔。。。
ちなみに「おそ松さん」は全然ハマれませんでした。

最終回までのストーリーを追い終わった今も、ちょこちょこ好きな場面を再生して楽しんでいます。
正直,何これ最高!!!という気持ちと、こんな素晴らしいものをよろしくない方法で見てしまった罪悪感にさいなまれています。何らかの形でお金払いたいです。ああああユリオかわいいよユリオ。

 

キーホルダーとか缶バッジみたいなグッズのコレクションはできないタイプ(片づけられないから。)なのでガイドブックを買うつもりです。
ユリオのキーホルダーひとつぐらいならいいかな?…

スポンサーリンク



 ちなみに今回ユーリ!!!を見て思いだしたバレエ漫画。

小学生のときりぼんで連載していた「トウ・シューズ」。今画像見てみたら思ってたより絵柄がやさしくてかわいい。りぼん黄金時代だったと思います。
「SWAN」は高校三年の春休み、混雑してた自動車学校の待ち時間に読んで夢中になった覚えがあります。なぜか自動車学校の待合室に漫画コーナーがあって…あの空間はいったいなんだったのか今もわからないけど…
ルシィのキャラクターが本当に鮮烈に焼き付いています。

 

SWAN -白鳥- ドイツ編 第1巻

SWAN -白鳥- ドイツ編 第1巻

 

また読み返したくなりました。。
ユーリ!!!にはまった話でした。