なぜだか生きてゆく私

何もないOLがコツコツ更新する雑記

ミシャのクッションファンデを使ってみました。

MISSHA(ミシャ) M MAGIC CUSHION MOISTURE マジック クッションモイスチャーSPF50+/PA+++ (21号) [並行輸入品]

 

いつも、時短メイクにはエテュセ BBミネラルクリーム 20 自然な肌色 40gを愛用してきましたが、今回ミシャ M クッション ファンデーション(マット)No.23(自然な肌色) 15gを試してみました。
使用感と、時短&コスパをBBクリームの場合とくらべて書いてみました。

 

①ツヤ感がいい感じ!でも鼻がテカる

 乾燥肌で肌の基礎体力・ハリがない私からすると、
 肌の表面にファンデーションがしっとりなじむことと
 目の下から頬にかけて健康そうなツヤが出ることが理想!
 パフをポンポン叩きこんでいくと、
 肌の基礎体力のない私でも、ツヤのある、
 つるんとした肌ができあがりました。 

 私が今まで韓国のベースメイクに持っていたイメージどおりの質感。
 これまで挑戦したことがなかったので新鮮でした。
 韓国コスメは白肌イメージが強かったので、2色あるうちで暗めのほうの23番を選んだところ、白すぎずちょうどよかったです。

  

 ただ、メイク後2時間もしたら鼻のあたりがツヤを通り越し、テカって崩れてしまいます。。これに関しては下地やパウダーと合わせて少しずつ調整していくのが良さそう。
 私はマキアージュドラマティックスキンセンサーベースを顔全体に塗って使ってみたら、仕上がりと持ちがよりきれいになりました。
一工程増えちゃうけど、その価値は十分あります。

カバー力に関しては、気になる部分に重ねづけすれば、全体のツヤ感が出るため、気にならなくなるかな?ぐらい。これ一個でシミ・くま全部カバーできるかと言われたら、私は無理そうです…。青ぐまがすごいので…。

 
スポンサーリンク
 

② 手を汚さずにメイク完成!…でもパフとケースが

 寝坊しがちなダメ人間として、
BBクリームと時短・手軽さの面で比較してみると、クッションファンデの強みは、手が汚れないこと!と言えるでしょう。

 BBクリームの欠点は、一旦手の甲に取るので両手が汚れてしまう…というのがあります。手に伸ばしたBBクリームが白いシャツの袖口に付いちゃって…という悪夢。私は2、3回やったことがあります。時間が経つとなかなか落ちなくて本当に悪夢。クッションファンデならそんなことなし!!

 ただ、クッションファンデはそのかわりにパフが汚れる。ケースの内側のフタやふちの部分にファンデの液がつきます。白いケースは徐々に汚れていきます。
 この汚れが目に見える感じに抵抗がある、というかメイク時のテンションが下がる方がいるのではないか…と思いました。
 各種クッションファンデ売り場のテスター周りも汚れてるのをよく見かけます。蓋さえ締めちゃえば分からないんですけど…。

③ 今すぐひとつで仕上げたいならコスパ最高

ベビーピンク ホワイトBBクリーム 01: ライトカラー 25g


毎日使い続けることを考えると、1000円前後の同価格帯のBBクリームを使ったほうが断然長持ちしそうです。
このミシャのクッションファンデ、アットコスメでは十日に1つ使い切っているという口コミも見かけました。リフィル交換や交換用のパフを買い足す手間とお金を考えると…1000円はそんなに安くないのかも。
 ただパッケージひとつで、鏡もついてて、その場でベースメイクを完成させられるという強み!突然のお泊り発生時にこれさえあれば次の朝安心。「今すぐ」ならコスパ最高アイテムだと思います。

 

ミシャ Мクッションファンデーション No.23 自然な肌色 15g

ミシャ Мクッションファンデーション No.23 自然な肌色 15g

 

 以上、ミシャのクッションファンデについて、時短とコスパについてのレビューでした。