なぜだか生きてゆく私

何もないOLがコツコツ更新する雑記

三年前の自分に教えたい、通勤服の失敗を防ぐ3つの方法

私は3年前から今の会社で事務の仕事をしています。
基本的に内勤で社外の人と会うこともそんなにないので、自由度高めのオフィスカジュアルといった感じです。
その前はスーツ着用で接客する仕事をしていたので、いわゆるOLの通勤服、というようなものを全然持っていませんでした。
そこで入社してから少しずつ買いそろえたのですが…正直失敗が多かったです。
今回はその失敗と反省、そして防ぐ方法について書いていきたいと思います。
ファッションがそんなに好きじゃない、わからない。さらにお金もそんなに持っていない私が、社会人として通勤服をそろえようとして失敗した話です。

スポンサーリンク

 



① まずはスカート派かパンツ派かを決める

レディースハイウエストリボンベルト付きタイトスカート DS-20151126-09 ブラック ネイビー カーキ オフィス カジュアル 大人 シンプル スカート ハイウエスト リボン Fサイズ (#24ネイビー) レディース センタープレススリムスラックス DP-20160217-29 センタープレス スティックパンツ パンツ 春もの シンプル オフィスカジュアル カジュアル オフィス着 通勤 通勤服 アラサー オフィス 仕事 おしゃれ OLさん Fサイズ 着まわし (M, #24ネイビー)

職場をよく見て、服装の規定や周囲の働く人の服装の系統を確認したら、今度は自分はスカートをメインにするのか、パンツをメインにするのかを考えましょう。私はどっちをメインにするか決めないまま、なんとなく雑誌を読み、
グレーのひざ丈タイトスカートを買って、さらにグレーの同じような素材のアンクルパンツも買って…というようなことをしていました。今思うと無駄だったな、と思います。どちらか1枚でよかったな、と。

 私は3年働いてパンツ派に落ち着きました。スカートが嫌いではないのですが、スカートを履くとなると自動的にベージュのストッキングを買い続けないといけないからです。21世紀になった今も「絶対に伝線しないストッキング」というものはまだありません…。正直「コスパ悪すぎ」、という結論にたどりつきました。



② とりあえず白いトップスのお気に入りを探す

 

Liliumoon Vネック 後ろ ボタン デザイン ゆったり ロング 白 シャツ ブラウス トップス 長袖 無地 きれいめ オフィス カジュアル レディース ファッション 春 夏 / ホワイト S M L XL XXL サイズ (Lサイズ・ホワイト)

去年・おととし買って今も着まわしているトップスを振り返ってみたところ、白が多いです。白で、デザインが気に入っているものが生き残っています。

周囲の人に「毎日同じ(ような)服を着てる」と思われたくなかったので、白・紺・黒・パステルカラー・柄物などなどパッと見全然違って見えるトップスをなるべく多く買いそろえようとしていました。
でも今振り返ると、白が一番誰にでも似合う。顔色が明るく見える。というのは確実です。羽織るカーディガンやジャケットの色も選びません。長い目で見ると、色や種類を増やすより、白いトップスのデザイン違いでお気に入りを探すほうが、着まわし的に賢かったな、と思います。

 

③古着屋に行っちゃダメ!

服を買うなら、捨てなさい

ここでいう古着屋は高円寺とか下北沢にあるような輸入古着のお店のことではなく、ブックオフの衣料品コーナーとか、ドンドンダウン、セカンドストリートのようなお客さんから買い取った古着を販売しているお店のことです。
②にも書きましたが、当時私は「通勤服を"早く"揃えなきゃ」「お金ないけど、とにかく”毎日同じ服と思われたくない”」という考えに囚われていました。
そこで、手っ取り早く、安く、OLっぽい服を揃えるために上記のような古着のお店に行って、使えそうなものを探して買ったのです。

…結論から言うと、そこで買った服のうち、本当に活用した服は1枚か2枚。これが今、本当にばかだったな、と反省している点です!!

古着屋さんに並んでいる服は「いったんだれかが買ったけど何かの理由があって手放した服」で、買ってからから実際に着てみると「何かの理由」が判明することが本当に多いです。上記のような古着屋さんで本当に自分にぴったりの掘り出し物を発掘できるのはファッション上級者だけ!

そして、だれかが買ってからお店に買い取ってもらうまでタイムラグがあるため、流行遅れのものをうっかり買ってしまう恐れがあります。シャツの上にはおるカーディガン一枚とっても、毎年色に流行があります。それだったら、ファストファッションのお店でそのシーズンの流行色のカーディガンを買ったほうが失敗も防げるし、おしゃれに見えます。

さらに、そういったお店のこわいのは、「この棚の商品●点以上でさらに○パーセントオフ!」というようなまとめ買いを誘うキャンペーンをしてることが多いことです。今なら、「在庫を処分するためだな!」とわかるのに…。
さらに、店内でそのキャンペーンについてアナウンスし続けたりもします。
そこでさらに本当に使えるのかどうかもよく見極めないままそこの古着を複数買ってしまうんです。…一種の罠ともいえます。


3年前の自分に、古着屋に行かないで!!と、本当に伝えたいです。


 

ファッションがそんなに得意でもなくお金もそんなにない私の、失敗と反省3つについて書いてみました。
現在洋服の整理をしていて、そこで思いついたネタでした。
断捨離を進めつつ、また何かあれば書きたいと思います。
読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク