読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜだか生きてゆく私

何もないOLがコツコツ更新する雑記

主人公がダブルワークしている映画

 このブログでちょくちょく書いている「副業」ネタ!

私は事務職でのメインの仕事のほかに、休日にちょこちょこスポット派遣でお仕事をすることがあります。日本人の給与所得は右肩下がり、物価はじわじわ上昇中。そんななか大企業で社員に副業を認める動きがある、というニュースもあり、ダブルワークに興味のある社会人が増えているのではないかな…と思う今日この頃。
(参考リンク→なぜ大手企業は「副業」を解禁するのか? - エキサイトニュース(1/6)

そこで今回は「主人公が夢のためにダブルワーク(仕事をかけもち)している映画」を紹介します。


①「プリンセスと魔法のキス」 ティアナ
 自分のレストランを開くため(カフェ/レストランのウェイトレス・配膳)

プリンセスと魔法のキス [DVD]

プリンセスと魔法のキス [DVD]

 

 ティアナといえばディズニー作品のなかで初めての黒人ヒロイン。
しかし、ティアナの肌の色以上に、ディズニー映画に「バリバリ労働するヒロイン」が出てくるイメージがなかった人が多いのではないでしょうか。アリエルやジャスミン、生まれながらのプリンセス達の辞書には「接客」という言葉は載っていなさそうです。

 ティアナは朝~昼にはカフェで、夜はレストランで配膳の仕事をしています。現実的なシフトを考えてみると…カフェが8:00~16:00、レストランのほうが18:00~22:00ぐらいで…レストランのほうは予約が少ない日にはお休みとか早上がりもある…みたいな感じでしょうか。

ティアナの夢は自分のレストランを開くこと。それは若くして亡くなったお父さんの夢でもあり、なんとしてでも実現したいと思っています。そのために一生懸命働いています。お札だけでなく、小銭をためている壺がいくつも部屋のなかにあったり。泣ける。
悲壮感はなく、明るく前向きに日々を過ごしているティアナですが、周囲の人は働いてばかりのティアナを心配しています。「恋もしなくちゃだめよ!」
 そしてある日、言葉をしゃべるカエル(実は王子様)と出会い物語が展開していきます。まじめで働き者のティアナとちゃらんぽらんな王子という正反対な二人が衝突するのはラブコメの王道で、楽しめます。

 ②マジック・マイク マイク
 起業するため(瓦葺き職人・洗車請負業/ストリップダンサー)

マジック・マイク DVD

マジック・マイク DVD

 


 主人公マイクは将来オーダー家具ビジネスで起業し、成功したいという夢を持っています。その夢をかなえるために、昼間は瓦葺き職人をしたり、洗車を請け負ったり、汗をかいてまじめに働いています。瓦葺きの現場にやってきた使えないバイト(アダム)にもちゃんと仕事を教えてあげます。派遣のバイトってこういう親切な先輩がいると本当に助かるんですよね!
 でも夜には全く別の顔。ストリップダンサーとしてセクシーなパフォーマンスで女性たちを魅了しています。飛び交うドル札。ねじこまれるドル札。やればやっただけ成果が即見える!まさに興奮と金が等価交換されている現場。でもマイクは「この仕事は一生続けられる仕事じゃない」ということに葛藤しています。社会的信用がないことにも。
 この映画のメインとして、華麗なダンスパフォーマンスがあるのは間違いないです!あがります!正直もっと早く見ればよかったって思いました。
ただ、一方で心の動きの描き方はまるで青春映画のように切ないです。それでいてティーンエイジャーが主人公じゃないので甘さはない。無糖です。働き方・生き方に悩んでいるアラサーのあなた。切ない気持ちになるのは間違いないけど、おすすめです。

ちなみにまだ続編(マジック・マイクXXL(吹替版))は見ていません。ツタヤディスカスのリストに入れないと。



以上、「主人公がダブルワークしている映画」2本の紹介でした。
副業ネタはこれからも続きます!


スポンサーリンク