読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜだか生きてゆく私

何もないOLがコツコツ更新する雑記

【ネタばれあり】3月のライオン11巻感想

スポンサーリンク

 


ねたばれを含みます。

楽天ブックスでポイントを使って購入。ファミリーマート店頭で受け取りました。

3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)

 

 

 11巻のあらすじ…

サイコパス的な3姉妹の父親が現れ突然同居を要求してくる。
3姉妹を守ろうとする主人公零君。
勢いで以前から思いを寄せていた次女・ひなちゃんとの婚約を宣言。
結果的に父親と決別することに成功するが…。

父親の利己的な言動のシーンは読んでいるだけでもイライラ。

あかりさんの回想シーンでお母さんのお棺から父親の映った写真を捨てた場面が一番読んでいてつらかった。

ただ相変わらずごはんの描写がすばらしくて、オアシスのような役割を果たしている感じ。

今回、3姉妹を守るために父親と真っ向から向き合い、
金の話をする零君に引いてしまった自分がいましたw
そうです。日本は資本主義の国です。現金。キャッシュを持っている人が偉いのです。
19歳だろうが高校在学中だろうが関係なく、実力でお金を稼げる数少ない職業!
プロ棋士が、この漫画の主人公なのです。

読んでいる私が貧乏なせいか、この事実をガンガン突き付けられて読んでいるのがつらくなりましたwww

ハチミツとクローバー」クライマックスで竹本君が「金も社会的地位もない自分では、大けがを負ったはぐちゃんを支えられない」ということに気付いて愕然とするシーンがあったかと思います。切なかった。名場面でした。今回の零君はその真逆。金と社会的地位と自らの頭脳を使って川本家を守りきりました。勝った男桐山零。

でもなぜか好感度下がった………。現実的すぎた…。

私が自分の現実から逃げたくてまんがを読むダメな大人だからTTTT

今後はあかりさんの婿探しエピソードになるのかな…?
でも両親の結婚生活の顛末を目の当たりにしてるあかりさんは結婚に対して盲目的な願望とか持ってないのでは?結婚したら安心…なんてことはないのに。。。と思ってしまう。あかりさん自身が望んだ形として主体的に展開していけばいいけど、零君だけが今以上暴走する展開なら、私はもう読みたくないかもしれないw

島田さんとあかりさんが付き合い始めて、島田さんがガリガリ体型からふくふく体型になる。胃痛も改善。支えあって生きていく二人。ハッピーエンド。という予想はつくけども…。


零君落ち着いて!周りをもっとよく見て!!と思った11巻でした。