なぜだか生きてゆく私

何もないOLがコツコツ更新する雑記

作者の視点が光る!「バンギャルちゃんの挑戦」

 

バンギャルちゃんの挑戦

バンギャルちゃんの挑戦

 

 「バンギャルちゃんの日常」発売当時に本屋さんでたまたま立ち読みし、大ファンになりました。3巻から予約して買うようになり、今回もげん玉を経由してアマゾンで予約して入手。
おまけのリーフレットももらえてお得感あり。

作者・めんまさん独自の視点・観察眼が冴えわたっていて、今回も本当におもしろかったです。個人的には、女子アイドル現場とその後の飲み会に潜入する章と宝塚の章が印象的でした。「推しメンがかわいいあまりに泣いている会社員男性」の鬼気迫る描写に一読の価値あり。何回読んでもじわじわ面白い。一気に読んで満足、あとは本棚に並べておく のではなく、すぐ取れる場所に置いておいて、お茶を飲みながら少しずつ細かく読んで、楽しんでいます。

女性作者のコミックエッセイ本コーナーは本屋さんでかなり拡大しており、人気があるのはうかがえます。活字のエッセイと違って読みやすく、自分と違う属性の人がどういう暮らしをしているのか垣間見るおもしろさがあり、いろいろ読みました。でも結局、どんなおもしろい題材、おもしろい経験について書かれていても、作者の方の視点に共感できなければ、読んでも楽しめないなと思うようになりました。その点で、めんまさんの視点は共感できるし新鮮で、人気があるのも納得です。
ヲタク気質、というよりは追っかけ気質のある人なら男女問わず楽しめるとおもいます。