なぜだか生きてゆく私

何もないOLがコツコツ更新する雑記

上品でかわいい、エリクシールシュペリエルのファンデーションケース

お久しぶりです。4月から職場で業務やら勤務時間が変わったことで生活が少し変わり、前の更新から時間が空いてしまいました。でも、おおむね元気で生きています!
今日現在、もう8月ですって!怖い!

スポンサーリンク

 

パウダーファンデをケースなしで使うのは…やっぱり不便

今年の夏は毎日のベースメイクに、マキアージュのドラマティックスキンセンサーベースUVと、同じくマキアージュのドラマティックパウダリーUVを使っています。


資生堂 マキアージュ ファンデーションP&化粧下地S(ミニサイズ)セット OC10

ちょうど、このファンデーション現品+ミニ皮脂くずれ防止下地のセットを見かけたので、これを購入!下地の現品は25ml、こちらは10ml入りです。キラキラしたフタ部分は同じサイズで容器部分が小さいバージョン。

ただ、このパッケージで買うとファンデーションケースはついてきません。しばらくのあいだ、ケースなしで、付属の透明なプラスチックパッケージに出したり入れたりして使っていたんですけど…やっぱり不便。このまま使い続けるといつかファンデの表面が削れたり傷がついたりするしホコリがついて不衛生だな。ということでケースを買うことにしました。

マキアージュ コンパクトケース DM

ただ、こちらのマキアージュのケースはフタ部分のキラキラ加工がゴージャスでかわいいのですが、個人的に、この赤いライン部分が好きになれなくて。かといって限定のセーラームーンコラボのケースはもう売り切れてるし。ということで、今回は資生堂の別ブランドのケースを買ってみることにしました。

資生堂のファンデーションケースは互換性がある

 

f:id:miyakop:20170804160718j:plain

資生堂のパウダーファンデーションには形が同じになっているので、ブランドが違うケースでもピッタリ納めて使うことができます。私は今回初めて知りましたが、ネットで検索してみると化粧品に詳しい方なら常識のようです。

今回はマキアージュ以外でもうちょっとシンプルなデザインがよかったので、エリクシールシュペリエルのケースを選びました。値段はマキアージュと同じ1080円です。左のような紙ケースに入っていました。プラスチック素材ですが、薄めのゴールドで、格子模様が上品です。

f:id:miyakop:20170804160626j:plain

実際にマキアージュのファンデーションをセットしてみるとこのような感じです。ぴったりはまります。右側のパフ収納部分については、メッシュ状になっています。密閉されているわけじゃないので、持ち運ぶときにはポーチに入れたほうがよさそうです。

f:id:miyakop:20170804160533j:plain

 マキアージュの下地(ミニサイズ)と並べてみるとこんな感じです。
こうして見ると、このケースの表面の格子の中のキラキラ加工は、マキアージュ共通デザインのキラキラ加工と結構似ています。このフタの加工をもっと細かくして施してある感じです。
 このケースの欠点としては、表面の平らな部分に反射するので、上から写真を撮ろうとすると自分が写りこんでしまうことぐらいでしょうか。この写真でもケース右下の部分に私の手が写りこんでいますw でもこれは普段使うときには関係ないのでよし。

通販サイトの写真より、実物のほうがきれい。なかなか気に入りました!

 

エリクシール シュペリエル パクトケース L

エリクシール シュペリエル パクトケース L

 


今回はファンデーションケースの買い物に関する記録でした。
何かの参考になれば幸いです。miyakoでした。

スポンサーリンク